お金を借りる 嘘の申し込み

お金を借りるときに嘘の申し込みで借り入れできるのでしょうか?

お金を借りる時の申し込みの時に間違ってしまった場合

お金を借りるときにはもちろん消費者金融へ申し込みをします。これは審査を受けるためですが、ではこの審査を受けるための申し込みの時に、誤った情報を入力してしまった時にはどうすればいいのでしょうか?実際に大手の消費者金融に聞いてみました。

間違った情報を入れてしまったのですが?

住所や会社などの情報を間違った場合はもう一度申し込みをしていただいて、こちらでの申し込みは間違えてしまいました、とご連絡いただければ全く問題ありませんし、こちらからの折り返しの確認の電話の時にこの情報が間違えました、と申告していただいても大丈夫です。

と、いうことでした。なので間違った申し込みをした時でも全く慌てることはありませんし、素直にここの情報が間違いでした、とオペレーターの方に申告して正しい情報を伝えれば問題ありません。オペレーターから押し返しの確認電話があった時でも遅くはありません。

お金を借りる時の申し込みの時に嘘の情報を入れてしまった場合

では嘘の情報を入れて審査に受かることは出来るのでしょうか?
嘘の情報というので一番の事柄というのは、現時点での他の消費者金融からの借り入れ件数と借り入れ金額でしょう。この部分は嘘の申告をしてしまったとしても、まずバレていますので、嘘は通用しません。なぜなら金融機関の世界には信用情報機関というのがあるからです。この信用情報機関にあなたの借り入れ情報が載っていますので、嘘の申告をしてもすぐに嘘だというのがバレてしまうからです。
嘘の申告をして借り入れできるというのはまずありえませんし、そういうことをした場合、それこそブラックリストに載ってしまう危険性がものすごく上がってしまいます。なので借り入れの申し込み時は必ず嘘の情報を申告するのはやめましょう。
借り入れをお願いしたい気持ちは重々理解できますが、ウソをついてまで借り入れをする理由なんてまずあり得ませんし、それで借り入れできる甘い審査なんてまずありません。なのでお金を借りたいときには正直に申し込んでくださいね。